北関東ブロック 埼玉県立芸術総合高等学校

3回目(3年ぶり)
監督西澤 廣人
選手二瓶 由海
小野澤 志穂
宮島 遥夏

埼玉県立芸術総合高等学校写真部です。写真甲子園本戦、北海道東川の地に北関東ブロック代表として来られたことを、とてもワクワクしています。
私たちの学校の周りには芝桜やひまわり畑など素敵な場所がたくさんあります。
北海道に来た私たち3人は、東川を肌で感じ、写真を通して伝えることをテーマに撮影します。それを胸に写真甲子園を全力で楽しんでいきたいと思います。

初戦応募作品

掃除戦記

ファースト公開審査

テーマ「色(カラー指定)」
山神
作品コメント

皆さんは神の気配を感じたことはありますか?
この場所に神社があるということを知ったが、情報は特になかったので、だからこそ行こうと思い、そこで感じたものをそれぞれのカメラで撮り続けました。

審査員コメント

(鶴巻審査委員)
単色、グリーン中心で攻めたのが面白いと思います。
「神の気配」を感じるかというとなかなか1日で撮るのは難しかっただろうけど、場所の空気感や音のない世界を感じられる8枚でした。
(立木審査委員長)
寄りの写真が多い。
普通の肉眼で見えないものが見えるのが写真の魔術である。
ただ、引きの写真の難しさを感じたと思う。
寄ればなんとかなる、乗り越えられると思うかもしれないが、引きの写真が中途半端な全景になっている。
神様の神々しさを入れるなら、光が欲しかった。

セカンド公開審査

テーマ「光(モノクロ指定)」
光線
作品コメント

形に反応して撮影した写真。
光が作り出す線、光線のコンセプト。
光にきらめく自然の面白さを見てください。

審査員コメント

(鶴巻審査委員)
昨日は神社で小さな世界で切り取っていてよかった。
広がりが出ていて、構図の世界を作り上げていて、モノクロだからこそ撮りたくなる場面を作っている。
モノで撮ったからインパクトがある。
中でも光があるということは影があるので、フォルム、線を観察して撮れてると思います。
(立木審査委員長)
人間が写ってないものだけでやってもよかったね。
光と影でつめていく。
あなたたちの仕事をふっと見ている、って感じがして。
抽象的な写真なんか、もう1枚入れ込むと幅が広がる。
本当に些細な光の彩矢を撮ってまとめている。
そうとう面白い。

ファイナル公開審査

テーマ「自由(フリー)(カラー・モノクロ指定なし)」
帰宅中継